Rotring. Create Reality by Julian Rentzsch.

ユリアン・レンツシュ(33歳)は、ドイツ ハンブルクを拠点にイラストレーターやデザイナーとして活動。18

[embed]http://youtu.be/-o1N6U8k-0Q[/embed]

ユリアン・レンツシュ(33歳)は、ドイツ ハンブルクを拠点にイラストレーターやデザイナーとして活動。18歳でグラフィ ティを描きはじめ、壁面デザイナーとして初仕事を手がける。その後、故郷であるハンブルクでイラストレーションとコミュニケーションデザインを学び、 2005年よりフリーのアーティストとして活躍中。

作品はどんな風に制作しますか?
いつもまず、非常に硬い鉛筆でラフな落書きのようなものを描きます。そしてこれをより柔らかい鉛筆で仕上げ、それからインクのペンを使って完成させます。デザインに光と影を与えながら手を加えていきます。

rotring製品を使う理由は?
rotringのシャープペンシルなら色々な幅のラインが描けるし、芯の硬さも選べます。これによってはっきりとした変化がつけられるので、私の作品にお いて重要なポイントです。同じことがインクのペンにも当てはまります。やはり、柔軟性の高さと使いやすさが、rotring製品を愛用している理由です ね。

アイデアはどこで生まれますか?
とくに決まった場所はありません。ただ、じっとそこにある世界を見ていると、ふとした瞬間にアイデアが生まれます。こうして思い付いたアイデアを、描きな がら完成形に仕上げていくのです。人間や自然、街の風景、写真、それからブログのグラフィックなど、様々なものからインスピレーションを受けます。私はと にかく、自分の足でたくさん歩き、自転車で走ります。そうすると、周囲の環境が持つ多様な表情を肌で感じることができるんです。

仕事をする時には静けさが必要ですか?
制作中は音楽を聞きます。音楽もまた、無意識の世界で私に影響を与えています。何を聞くかは、プロジェクトの内容とは関係なく、その時の気分で決めます。

他の街に引っ越したいと思ったことは?
ありません。ハンブルクの街には、私の興味や仕事を追求するために必要な要素がすべてあります。最近ではここで、色々な分野のデザイナーとコラボレーションもしています。お互いにモチベーションを高めることができるし、刺激になりますよ。

Check out julian's complete works here: http://www.julianrentzsch.de/