Rotring. Create Reality by Timo Müller.

ティモ・ミュラー、1980年生まれ、フランクフルト・アム・マイン在住。ダルムシュタット専門大学にて工業デザインを学ぶ。

[embed]http://youtu.be/kb3Ti4EdC8E[/embed]

ティモ・ミュラー、1980年生まれ、フランクフルト・アム・マイン在住。ダルムシュタット専門大学にて工業デザインを学ぶ。
工業デザインには、工業生産製品の造形が含まれる。その他、フリーランサーとして、ドイツの著名な建築事務所やデザイン事務所にて活動。

ダルムシュタットは学術都市として有名ですが、この街はあなたにとって、創造的インスピレーションの源なのでしょうか。
はい、この環境はとてもインスピレーションを与えてくれると思います。ダルムシュタットのマチルダの丘には、芸術と造形が存在しています。例えば、芸術家 コロニーや、エルンスト・ノイフェルト・ハウスです。周りは公園と博物館に囲まれています。私たち学生は、静かな環境で学ぶ事ができるのです。ユゲンス ティルアートヌーボーとバウハウスの影響が、この街を特徴づけています。デザイン・ハウス・ダルムシュタットでは、ブラウン社のデザイナーであったディー ター・ラムス等のエキサイティングな展覧会が見られます。

仕事はどのように進めるのですか?
たいていの場合、スケッチから始めます。まず課題を認識し、下図に含むべき情報をリサーチします。製品の性能を知ることが、形状の基礎を作るのです。それから製品に応じ、原案からサンプルを経て、徐々に外形を作りあげていきます。

どんなものをデザインしているのですか?
例えば、杖です。型として既に存在しているものを、医学的なニーズから離れ、目立たず、よりシックなものにしたかったのです。スノーボードに装着できるそりも手掛けました。これらのアイデアが湧いた時には、すぐにスケッチに取り掛かりました。

スケッチをする時は、どんなペンを用いますか?
たいていの場合は、ボールペンかリトラクタブルのペンシルです。徐々に形を整え、灰色の濃淡によって面に影を付けたり、強いラインを引く事もできます。 ベースにはラフに書いた線を引くことが多いので、スムースにラインが引けて、かつ紙の上で動かす時に軽い抵抗感のあるペンを使っています。スケッチに満足 すればするほど、影を加えたり、ファインライナーを用いて輪郭をつけていきます。必要な場合は、説明や、想定される動きを示すしるし等も描き足します。

ロットリングのペンを使うようになったいきさつは?
数年前、ある友人からロットリングのラピッドグラフのセットを譲り受けました。彼が、製図家である祖父からもらったものだったのですが。これまでこんなに繊細な製図用筆記具を手にした事がなかったので、この製品にとても心惹かれました。