マーク・エドワード・ゲイヤー氏のインタビュー

「私はジョージア州アトランタを拠点にしています。

「私はジョージア州アトランタを拠点にしています。私の作品の多くはニューヨークにある出版会社より発行されています。これまでにスティーブン・キングの小説2冊においてイラストを担当、現在は子供向けの本のイラストを制作しているところです。1978年に、ペンとインクを使って作品を作ることに興味をもち、そのおもしろさから、もう人生の半分の時間を費やしてきました。一番最初に作った作品は風景画。そのときは羽ペンを使って仕上げました。そして雑誌や広告制作会社の仕事をし始めたときに、ロットリングのラピッドグラフに切替えました。これは、ロットリングの中で一番好きなペンです。今はロットリングのペンで、挿絵のイラストレーターとして仕事をしています。純粋にペンやインクにこだわるのであれば羽ペンがいい、という人もいるかもしれません。筆圧やつけるインクの量によってラインをいろいろ変えられますから。でも、私はラピッドグラフの持ち方を変えることでラインを変えられるので、これで充分です。それにロットリング ラピッドグラフの黒インクのは他のに比べて発色が良く、どんな小さな線幅でもきれいに色がでます。これは非常に重要なポイントで、作品を出版するのにおいて適していると思うのです。

Tikkyシャープペンシルも愛用してますよ。私の母方の父親は建築の設計家で、鉛筆で自然風景を描くのがとてもうまい人でした。ナイフで鉛筆の芯をとても細く削っていましたね。長い間、私も祖父と同じやり方をしていて、紙やすりなんかも使ってみましたけど、シャープペンシルを使い始めてからは、もうそれ一本です。いつも締切に追われている中では、シャープペンシルはノックすればいつでも欲しい線が出てくるので、この上なく便利です。でも、もっと重要なのは、手の動きに合わせて自然に滑らかにペンを動かせることで、鉛筆で書く時に感じる紙のザラツキ感がないのです。Tikkyシャープペンシルは重さもちょうどいいですね。他のブランドではロットリングのような芯の濃さや線幅はでないです。

私の作品は、自分自身の内面から生まれ出たものを元にしています。その源は音楽であったり、自然の美しさだったり、昔の記憶や夢にみたことだったり。イラストを書く時にはまず原稿が送られるのですが、最初は原稿のテーマや動き、キャラクターから感じる力強く、美しいイメージを想像することから始めます。原稿を読み終えるまでは、実際にペンを使ってスケッチせず、頭の中だけでイメージを膨らませています。

 

建築関係から雑誌・新聞のエディトリアル、商品広告、そして挿絵と様々なジャンルの仕事をさせてもらい、とても幸せです。今は、9-12歳くらいを対象にした教材向けのイラストの仕事をしています。また、イギリスの出版社向けに『ペットセメタリー 30周年記念本』の仕事もやっています。今年発行される私の作品が載った本としては『Watcher in the shadow(5月発行予定)』、『The tower of the five orders(10月発行予定)』、『Pet Sematary(11月発行予定)』の3冊があります。」