ディスカバー ベウジズム

政治的ではなくクリエイティブにもかかわらず、

Beugism1
政治的ではなくクリエイティブにもかかわらず、大多数のイズム(主義)がそうであるようにベウジズムの作品は民衆を支配する大きなムーブメントになるかもしれません。32歳のベルリン出身の彼が作り上げたこのブランドは、有名なロンドン市民としてのアーティスト人生や、アーティストとしての功績や将来への不安が素晴らしく描写されています。

ベルリン東部のヴァイセンゼーに生まれたベウジズムは、幼い頃にベルリンの壁崩壊を目の当たりにしました。彼の言う“アメリカ文化”が祖国のエンターテイメント メディア産業を支配した頃、彼の描写モデルは木々から馬やカウボーイへ移り変わりました。「ベルリンの壁が崩壊してからは、アメリカン シリーズをたくさん見ましたね。」

常に美術を愛し、最もインスピレーションを受けたアーティストとしてドガベラスケスを挙げる彼は、若きベウジズムのプロとしての将来を心配する家族をなだめるため、アートに専念することでグラフィック デザインでのより実務的なキャリアを手に入れました。

ポツダム大学で1コースを受講した後、ライプツィヒにて3年間学びました。愛するベルリンを長期間離れ、ベウジズムは冒険の旅を続け、北スペインのビルバオやポーランドのワルシャワへ行きイラストや絵画を学びました。

職人としての情熱はロンドンへと導かれ、セントラル セント マーチンズで2年間コミュニケーション デザインを学び単位を取得し、2008年からロンドンに拠点を置いています。

彼の住むトレンディなイースト ロンドン エリアにあるQueen of Hoxton バーで今も高い賞賛を受けている作品の一つ、"セクシー フルーツ"シリーズに取り掛かり始めたのもロンドンでした。彼自身を表す、それらの美しい生物を住まわせるための鳥の巣、そして性的な空想を連想させるフルーツは、彼の最近のテーマとして頻繁に現れています。彼の作品は、一見カラフルで繊細で気軽に観る事が出来ますが、注意して観ると隠れた意味を持つ幾多ものレイヤーが存在しています。

Beugism2

ベウジズムは、グラフィック アーティストとして一流新聞“The Times”で2年半の間活躍していますが、現在はファッション イラストレーションや幼い頃から執着心があった人間の描写を熱心に探求しています。恐らくこれにより、彼をジェームス ジーンマット テイラーアンドリュー アーチャーなど、コンテンポラリーと絵画が隣接する作品の作者に対する熱烈な崇拝へと導かれました。

創造を伴う自浄プロセスの中毒者であるベウジズムは、ロンドンをどの経験も少しずつやって来て、そして
“常にお腹がすいた状態”にさせるスナックの自動販売機だと言います。BBCからGuardian誌、GQからMen’s Health誌まで幅広い顧客を持ち、差し当たりロンドンに拠点を置きたいと彼自身も分かっているため、一時的なアドレナリンの調整がこの若きアーティストが今探し求めているものなっています。「時々、大都市から抜け出したくなるけど、ここに戻ってくる必要があるといつも思うんだ。」

© Inkdeed 2013

One-man-band「お気に入りのrOtringはラピッドグラフ 0.25mm。少なくてもここ5年間は信頼できるパートナーでいるね。複雑な描写にも耐えられるペン先だけど、細すぎないから大きな面も素早く描けるよ。」

Website: http://www.beugism.com