ギャナエル モーリー

1982年に生まれ、アーティスト、

ganaellemaury11982年に生まれ、アーティスト、そしてグラフィック デザイナーとしてモンテペリエに拠点を置くギャナエル モーリー。美術を学んだあと、“トレイツ リブレ”スタジオの一員として、単独および共同プロジェクトに取り掛かりました。

彼女の作品は、製図技術の音分析や、抽出したものの詳細を無限に折り返す事によって構成されています。紙の上で何百万もの線や、繰り返される模様によって作品が形成されていきます。

ギャナエルは、非常に細かい線が描けるrOtring製品、特にイソグラフTikkyグラフィックを愛用しています。ganaellemaury3

「常にどんな形になるか分からない状態で書き始めるので、予想外な事や邪魔な問題が起こっても大丈夫なように余白を設けています。」こうして彼女の作品は、ゆっくりと直感的に形成し、本質的に広がっていきます。
「紙の上に描かれる線は、人生で一度しかない一瞬の積み重ねによるもの。」彼女の全ての作品は、その時の気持ちを固定するという共通点があります。何もない抽象作品の端で、彼女の作品は、個人の感情や共感、想像を台無しにする事は決してありません。

ganaellemaury2