ディスカバー ジョアンナ ウォルシュ(バダウデュ)

バックグラウンド: ライターそしてイラストレーター

narrativefeb

バックグラウンド: ライターそしてイラストレーターでもあるジョアンナ ウォルシュ。オックスフォード大学そしてセントラル セイント マーティンズ カレッジを卒業。グランタ、ガーディアン、タイムズ、メトロ、クリエイティブ リビュー、ニューヨーク タイムズ、ディ ヴォッヘ、ペンギン パブリッシング、その他世界中の雑誌等で取り上げられています。テート モダンやウェルカム インスティテュートにて大規模なプロジェクトを手掛けた事もあります。

“2008年にウェビー アワードを受賞した“ビジュアル ダイアリー ブログ、Badaude.typepad.comに掲載するためロットリングを使い始めました。それ以前は、手作りだったりフォトショップを使った印刷物やコラージュにしばらく取り組んでいました。そして、より即興性のある手描きの表現方法を取り入れた個人的なプロジェクトに取り掛かりたいと思い始めていたんです。

バダウデュとは、“驚きながらありとあらゆることを無意味に観察する者、だまされやすい、ゴシップ好きの怠け者“という意味がある’フラヌール’に関連する古いフランス語。バダウデュのウェブサイトには、物や目の前にいる人々を描くことを通してストーリーを伝える事、そして場所や時間を1ページで表現する、という興味深い挑戦に取り組みたいと思いました。

book_picture

ロットリングのペンはたまたま使い始めたもの。何年も前、本の出版社に勤めていた頃、デザインオフィスが大掃除をした時にペンがたくさん入ったボックスをもらいました。その中に、2本のラピッドグラフが入っていたんです。フランスやベルギー漫画(特にJoost Swarte,、Floc'h 、そしてHergé)の ’ligne Claire’スタイルの絵がとても好きで、ロットリングの均一な線はそういったスタイルを描くにはぴったり。’ligne Claire’スタイルと同じようなフラットな色合いが出せるように、作品をスキャンしてからフォトショップで色を加えたり修正したりします。

ブログを始めてから2年後、テート パブリッシングからこのスタイルを使ったイラスト入りの本を描く依頼が来ました。それがロンドン ウォーク!です(http://shop.tate.org.uk/british-art/london-walks/invt/10001/)。

ロットリングのラピッドグラフをたくさん使ってます。作品をつくる際によく使うのは 0.35 mm 、太い線や枠線を描くには 0.5 mm 、より細かい描写には 0.25 mm を使っています。“

http://badaude.typepad.com/