Discover Ugo Gattoni

イラストレーターでもありアーティストでもあるンゴ ガットーニ

イラストレーターでもありアーティストでもあるンゴ ガットーニ。パリ南部の郊外、ヴィトリー シュル セーヌ出身の彼は、EPSAAでグラフィック デザインを学び2010年に卒業しました。縮尺にとらわれる事なく、グラファイトと黒の極細ペンを使った作品を得意としています。初めての大きな展覧会では、幅10メートル、縦1.8メートルの巨大な壁面サイズの作品を展示しました。現在は、詳細にまでこだわった白黒の非現実的な都市の風景画で知られ、また高級品から記事まで幅広い数多くの商業作品も手掛けています。 BICYCLE_2 LR

時や場所を通してインスピレーションを得るガットーニ。ダリやボッシュ、ミケランジェロの名作に強い影響を受け、またギリシャ神話や建築物を愛する彼は、Santtu MustonenMicah LidbergJonathan Zawadaなど仲間の才能も高く評価しています。

そのため、彼の作品は場所や時間を超越したものになっています。「観る人は何通りもの解釈ができるし、壁面サイズを使いながら縮尺で楽しむのが好きなんだ。物理的にも精神的にも、皆を全く新しい世界へ没頭させるのが楽しい。この手の作品作りには膨大な時間と細部にいたるまで細心の注意を払う必要があるんだ。僕にとっては、それがすごく楽しいんだけどね。」
BICYCLE_4 LR
「僕の製作過程はとてもシンプルだよ。グラファイトペンでスケッチをする。それが整ったらロットリングできっちりとレイアウトを描いていく。それから色を加えていく。たったの3ステップですごくシンプルなんだ。色を加えるのもたいてい手で塗る。この段階でデジタルツールを使う事は殆ど無いね。描いた作品をきれいに仕上げる時だけデジタルツールを使うよ!」

彼が所有する膨大なロットリング コレクションから1つを選ぶのは難しいようですが、強いてお気に入りを選ぶとすればラピッドグラフだそうです。

BICYCLE_5 LR

2014年には数多くのプロジェクトを手掛ける予定のガットーニ。既に取り掛かっている彼の新しい本は、ボブロウ出版社からの発売が決定しています。また、2014年12月に開催を予定している次の展覧会の準備も進めています。彼の最も大きな作品の一つを展示する予定のこの展覧会について詳細はまだ話せないそうですが、この作品はロットリングの製図ペンを使うとのこと。他にも、より深く多くの事を吸収したいと思っている技術、モーションデザインに付いても知識を深めたいと思っているようです。

     ロンドンの通りに自転車を描いた幅5メートル作品、BICYCLE: