ダニエル・セセリャ(Danijel Cecelja)についての詳細な説明

「私はブラッセルの聖ルカアカデミーで美術と絵画を学びました。

何年間か種々の表現手段を試みた後、インクペンで画く基本的な技法に戻りました。この技法は子供のころからのものでアカデミー在学中はほとんど忘れていました。

子供のころは玩具が大好きでとても欲しがったことを覚えています。玩具なら何でもよかったのです。この欲求で心が一杯になるとほとんど食べることも眠ることもできなかったのを思い出します。何かが手に入らないと、それを絵に画いて少なくとも欲しいものの「平面」バージョンを所有しようとしました。長い年月を経た今でも、昔ある時点で絵を画こうとしなかった物があったとはほとんど想像できない気持ちです。私は基本的にはこのような方法でおおむねインクペンを使い「必要に迫られて」絵の画き方を学びました。

このようにして絵を画くことが「習得する」技になったときいとも簡単に夢中になりました。何といっても絵を画くことは無料です。絵を画くときの私は絵の収集家がコレクションに一枚の絵を加えるときの興奮と同じような気持ちになりました‐恍惚感です!

私は絵を画くときはすべてロットリングラピドグラフを使い、おおむね0.10から始めて0.35で仕上げます。すでにほとんどキャリアーの能力限界まで押しつけているのでこれ以上細いペンを求めるのは意味がありません。私は水彩画用紙の裏側に画きます。フラット過ぎるペン画用紙よりも、この方が多少ざらついた感じで好ましいのです。私はまた紙に含まれる水分を蒸発させるためにつねにヘアドライヤーを使いますが、これによって制御しやすくなり引き締まったラインが可能になります。ペンを走らせるときにかすかに引っ掻く音を聞きたいのです。夏はもっとも仕事がし難い時期ですがその理由は空気中の湿気が多いことです。おおむね冬に精一杯仕事をして夏は人に会うことと宣伝活動に力を入れるようにしています。


近日中に開催する3プロジェクト:

  • ブラッセルセンターでの「神の機械」展覧会、7月16日から7月30日まで(7月18日はオープニングナイト特別行事).
  • 街路展示のためのベルギー街路アーティスト "SFUN"との協力プロジェクト
  • ダニエル自身の課題作業:本年1月超大作に着手 (100 x 180 センチ) これは完成まで2年を要する見通しです。

www.danijelcecelja.com/blog
Facebook : https://www.facebook.com/pages/Danijel-Cecelja-Artwork/